不妊症 治療方法や検査、費用は?

不妊症の治療ってとても根気が必要です。


1回や2回妊娠しなかったからと諦めるのは、早いようですよ。

 

しかし、不妊症治療には、多くの費用がかかることで有名です。
どいういった治療にお金が必要なのでしょうか?

 

どんな治療方法があるの?

病院での初診料は一般の診療と変わりありません。
なので、「もしかして不妊症かな?」と思ったらまずは気軽に受診してみましょう。

 

女性の場合、早期に行われることが多い子宮卵管造影検査
子宮の奇形がないか、卵管が詰まっていないかなどを検査します。

 

これは病院によりますが、

2000円から1万円ほどの中で行われることがほとんどです。

 

 

男性は、まず精液検査を受けることが多いでしょう。
精液の濃度や運動具合を見るもので、こちらは意外と値段も値ごろです。
400円前後から4000円くらいでしょう。

 

男性の精液が女性の子宮に入って来やすいかを調べるフーナーテスト
これは、子宮頚管に炎症が出ていたり、精子を殺してしまう抗体があるかどうかが確認できます。
フーナーテストも100円代から5000円くらいが相場です。

 

全体的に見て、総合病院の方がクリニックよりも安く済む傾向があります。

ただし、待ち時間はクリニックの方が早いでしょう。
総合病院はかなり混むので、2時間くらい待つのを覚悟したほうがいいかもしれません。

 

と、ここまでは大きな金額はかからないのですが

不妊治療で一番金額がかかるのが、人工授精と体外受精です。

人工授精は、1回1万円前後ですが何回か繰り返すことが考えられるので、結果費用がかさむことがあります。

 

体外受精は、30万前後かかります。これも1回あたりの金額です。
実は、体外受精の成功率は3割程度。

 

つまり、こちらも何度か受けることになるので、膨大な費用になりますよね。

 

そんな中、各自治体で特定不妊治療費助成なるものが実施されています。
1回の治療で15万円まで、年に2回ほど助成が受けられるケースが多いようです。

 

自治体によって条件が違うので、一度チェックしてみては?
うまく利用して不妊症治療を行っていきたいですね。