子作りにベストなタイミング期間とは?

 

子作りの基本は「タイミング」になります。

 

 1ヶ月のうち、受精が可能な期間は非常に僅かな時間です。

 

 だからこそ、ベストなタイミングで子作りにチャレンジすることが重要となってくるのです。

 

では、子作りにベストなタイミングは、どのようにして導き出せばいいのでしょうか。

 

それを知る前に、まず最低限知っておくべきことがあります。

 

妊娠するには、卵子と精子が出会い、受精することが条件となりますが、
精子の寿命は約3日程度あるのに対し、
卵子の寿命は排卵されてから6〜24時間程度と言われています。

 

排卵日と思われる期間に子作りを行っても、妊娠する確率はなんと20%以下。
だからこそ、ベストなタイミングで子作りを行うことが重要なんですね。

 

子作りに適したタイミングは、排卵日の3日前〜翌日までと言われています。

 

精子の寿命を考えると、排卵日後よりは直前を狙うと良いようです。
早すぎても遅すぎてもいけませんので、排卵日をしっかりと見極めることが重要になってきます。

 

また、「排卵日と思われる数日間に毎日性交すればいいのでは」と思うかもしれませんが、
一度射精すると精子の濃さは薄まり、妊娠にベストな濃度に戻るまでは2〜3日程度かかってしまいます。

 

もちろんこのようにして妊娠した人もたくさんいますが、確率はベストな濃度の時に比べて多少下がることは覚えておきましょう。

 

 

子作りのベストタイミングを算出するには、排卵日を把握することが重要になります。

 

そのためにも、女性は毎日の基礎体温を測り、排卵周期を見極めなくてはいけません。

 

排卵日チェッカーというものもありますが、あくまで補助的なものととらえましょう。