女の子、男の子の産み分けは可能なの?

子作り,方法,性別

子作りの方法によって、性別を決めることが出来るのでしょうか?

 

排卵日のタイミングに合わせて性行為をして、子作りをするのは一般的ですが、実はその方法によっては性別を産み分ける事が出来るということを知らない人は多いのではないでしょうか。

 

女の子と男の子では精子の遺伝子情報が違います。
各々の情報を持つ精子が卵子と受精して、男女の性別が決まるのです。

 

そして、それぞれの精子が持つ性質を利用して、子作りをすることが、有効です。

 

女の子の遺伝子を持つ精子を女精子、男の子を男精子と呼び分けます。
男精子は、膣内に入ると24時間しか生きられません。

 

一方の女精子は2、3日ほど生きられるので、女の子が欲しい場合は排卵日の2、3日ほど前に性行為をし、それから排卵日までは何もしないようにするのが望ましいです。

 

出来れば精子が薄い方がよいので、生理が終わってから子作りの日までに、何度か性行為をしておくとよいでしょう。

 

一方、男の子が欲しい場合は、なるべく濃い精子を、排卵日直前に投入出来るようにするために、
子作りの日5日前くらいからは射精もせずに、少しでも溜めておくようにしましょう。

 

また、女性の膣内は普段は酸性ですが、排卵日付近はアルカリ性に近づきます。
性行為の際に女性が気持ち良くなればなるほど、アルカリ性度が強くなります。

 

女精子は酸性に強く、男精子はアルカリ性に強いので、女の子が欲しい場合は出来るだけ、サッパリと早めに終わらせると、女精子が生きやすくなります。
男の子が欲しい場合は、長く長く、濃厚に行えば行うほどに、確率が高くなります。

 

さらに言うと男精子が少しでも早く卵子に到達するために、男の子が欲しい時は膣内のより奥深くで射精すると良いでしょう。
こういうことを覚えておくと産み分けって可能になるんですね^^

 

このように色々な子作りの方法をためして、希望の性別を産み分けることができます。
もちろん100%ではありません。

 

一番大事なのは、どのような方法かよりもお互いが心から愛し合っているか、思いあっているかだとわたしは思います。

 

性別も出来れば二人の希望通り出来れば良いですが、男女どちらが産まれても
2人のかわいい子供に違いはありませんよね。

 

愛情を込めて育ててあげましょう。

 

↓↓↓↓↓更に詳しく知りたい人はこちら↓↓↓↓↓↓