子作りの悩みって何?

 

最近30代以上で子作りをするママたちが増えていますね。
やはり社会人経験を経てそろそろ子供が欲しいなと思う時期が30代なのもありますし、自然とそうなった方も多いでしょう。

 

30代の体の状態はどのようなものでしょうか?

 

20代で妊娠する方の多くは自然妊娠ですが、30代からは人工的な手を加えての妊娠が多くなります。
それは何故でしょう?

 

30代の妊娠・子作りって悩みはつきものなのでしょうか。

 

それは個人差や体質もありますので何とも言えませんがなかなか子作りができないという方、実は不妊の原因は定かではないんですね。
卵子の老化なども考えられるそうですが、これは妊娠まで時間がかかるということでしょう。

 

不妊治療を経て30代で妊娠する方も多いそうです。
20代や若い年代から治療したほうがより大きい効果が得られるんですね。

 

産まれた時、全ての卵子の細胞が揃った状態でうまれてきますがどんどん減っていくそうです。
ですが残った卵子を大切にしていくのがポイントで質を高めることにより妊娠の確率も増やす事ができるそうです。

 

なんだか難しい話になってきましたが命というのはまだ不可解な事が多いのですね。
自分の体を自分が1番知っていられるように普段から女性は体に気を配るのも大事ですね。

 

なかなかできないからといって
子作りが目的になってしまっては気分も滅入ってしまうでしょう。

 

出来るだけ気持ちを明るく子作りの悩みばかりに目がいかないよう気をそらすのも大切ですね。

 

子作りしやすいからだになるには、
卵巣の血流をよくするとか栄養をしっかりとるとか、やはり基本となるような事が大切にされていますね。

 

適度な運動も勿論のこと、出来るだけ体を冷やさないようにしましょう。
そうやっていくうちに気づいたら思わぬ健康体になっているかもしれませんね。

 

一概に何が良いかということに目をむけるより不妊治療も自然に妊娠した方も授かった方もこれから授かりたい方も皆さん子供が欲しいということです。

 

きっとそのような愛のある家庭に産まれてきた子供は本当に幸せになると思います。
もう既にお子様がいらっしゃる方はこの産まれてきた奇跡を感じる機会も大事ですね。

 

子供の毎日の変化を当たり前と思わず感動して、見守っていきたいですね。