男性が不妊の原因の可能性は?

男性が原因の不妊症が急増してるってご存知ですか?

 

不妊症は女性のものだけではありませんよ。
統計によると不妊症の原因の50%が女性、20%が原因不明、
残り30%が男性の体が原因
といわれています。

 

現在、不妊に悩む夫婦は10組に約1組です。
これが多いと思うか少ないと思うかは別として、明らかに昔より増えているそうです。
現在はストレス社会と言われていますから無関係とはいえないですね…(‐ω‐;;)

 

不妊症と言うと、子宮内膜症や子宮筋腫の病気が認知されるようになったことから
一般的に女性が原因と考えられています。
が、近年男性が原因となる不妊症が増えています。

 

奥さんのせいにして、不妊治療に一緒に取り組んでいない男性はいませんか?

 

そういう男性は、意外に多いのだとおもいます。

 

男性が原因になるケースは、今や3割以上と言われています。
不妊の原因は言わば、男女共にありえますので、一緒に治療に関わらなければ効果はありません。

 

男性の不妊の原因は、性機能障害であるEDが広く知れたことにより、それだけが全てだと思われがちですが性行為は普通にできていても、精子に問題があり、妊娠できない場合もあります。

 

それが、精子減少症や精子無力症です。

 

その名の通り、精子の量や精子の運動が活発でないものを言います。
また近年精子の奇形も報告されています。

 

精子の奇形は、仕事などのストレスを始め、食品添加物や環境ホルモンによって奇形となってしまうという報告もあります。
これらの精子の異常については精液検査が行われます。

 

男性が不妊症の検査って障壁高くないですか?

値段も手頃で、痛みも伴いませんので、まずは検査してみてはいかがでしょうか?

 

万が一精子に異常が見つかっても、今は薬でほとんど治ります。
薬で治らない場合も、体外受精などの手段はありますので諦めないで下さい。

 

さらに、男性の精子に対する抗体が女性にある場合があります。

 

そうすると、精子が辿り着いたとしても、子宮や卵管内で動きを止めてしまうのです。

 

アレルギー物質に対する抑制の働きに似ています。
抗体が出来ているかどうかは、血液検査かヒューナーテストで見ることが多いです。
もし、抗体が出来てしまっていたら、人工受精か体外受精が有効です。

 

女性同様、男性の不妊症も精索静脈瘤などの病気が原因になっている可能性もあります。
健康管理の上でも、一度診断を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

とはいっても、病院での検査は荷が重いでしょうね。。当然ですよね。女性でさえかなりの障壁ですもん。
男性だったらなおさらでしょう。
不妊症で悩んでいたタレントのダイヤモンド☆ユカイさんの病院での不妊症検査の屈辱の体験談の記事を読んだことがありますが、男性としてのプライドをズタズタにされるそうですからね、、記事を読んでいて日本の病院ってどうなの?って怒りを覚えました。

 

男性が不妊の原因かもと感じた場合・・・・
私も色々男性不妊について調べましたが、日本不妊学会で発表された男性不妊サプリというのを見つけました!

 

OG・ハーブといいます。
↓↓↓↓↓この商品↓↓↓↓↓

 

多くの夫婦が愛飲しているサプリメントです。
日本不妊学会での発表内容によると、不妊外来に通院している、運動精子数の少ない男性不妊患者15人(うち5人は直進精子濃度100万未満、14人は300万以下、1人は700万以下)が摂取したところ、8割以上の精子数・精子運動率がアップしたそうです。

 

確かな機関の研究結果なのでこれはテンション上がりますよねd(⌒o⌒)b

 

病院で精子減少症や精子無力症検査を受ける前に飲んで見る必要ありますよね。

 

>>OGハーブの詳細はこちら