子作りにタイミングやタバコ、冷えは影響する?

子作りにはやはりタイミングが重要だといえるでしょう!

 

排卵日をチェックして、排卵日にあわせてタイミングが合うように子作りするのが基本です。

 

  まずは女性の排卵日を把握しましょう。

 

  排卵日を予測できるようになったら、排卵日と思われる前後数日間に子作りをします。

 

  本来ならベストなタイミングで1回行えれば良いのですが、こればかりは見極めが難しいところです。
排卵日と思われる期間に何日かチャレンジしてみても良いでしょう。

 

上記は子作りの基本中の基本ですが、中には排卵自体がうまくいかなかったり
何らかの理由で卵が育ちにくいなど、問題のある人もいます。
何度かチャレンジしてもダメだったり、基礎体温の低温相と高温相がはっきりしない場合などは
一度病院で相談してみることをおすすめします。

 

体に問題はないのに出来にくいと言う場合は、上記のタイミングを実践すると同時に
赤ちゃんが授かりやすい体質・体調に改善していくことも、子作りのためのコツとなります。

 

例えば、女性に多い冷え性

 

「冷え」は体にとって様々な不調をきたすものですが、実は妊娠にとっても大敵なのです。
現代女性は子どもが出来にくい人が多いといいますが、それはエアコンなどにより体温調節機能が低下している人が多いからとも言われています。
冷えを改善するために、体をあたためる食べ物を積極的に摂取したり、
足湯などで普段から体を温めるようにすることも大切です。

 

また、「妊娠したらやめればいいや」と思っているタバコも子作りの妨げになります。

 

タバコ自体が冷えの原因にもなりますし、子どもが出来にくい体質になってしまいます。
子どもが欲しいと思ったら、子作り前からタバコはやめましょう。

 

上記をまとめると、

排卵日を把握し、タイミングよく子作りをする
冷えなどを改善し、子どもが出来やすい体質にする

ということが、子作りのコツとなります。