排卵日のタイミングが合えば回数は無関係なの?

子作りのタイミングを合わせれば、回数は必要ないのでしょうか。

 

排卵日の前日から2日後くらいまでが、子作りをするタイミングとして、ちょうどいい事は知っている人も多いでしょう。

 

ですが意外に、それにばかりこだわって性行為の回数を頭に入れていない人も多いのです。
あなた、ドキッとしませんでしたか?^^

 

妊娠というのは、卵子と精子が出会い、受精、着床して命が産まれることです。

 

性行為をし、精子が体内に入っても、その時に卵子がいなければ妊娠はできません。
逆に、せっかく卵子がいても、精子がいなければ結ばれることはありません。
ですので、まずは卵子が排出される排卵日に、精子をタイミングよく出会わせなければいけません。

 

今は排卵検査薬などもありますが、人の体ですから、やはりずれてしまう事もあります。

 

1番よい子作りのタイミングは、卵子が排出された時に、既に精子が待っている状態です。

 

ですが、それを正確に把握できない事が多いため、回数が必要になるのです。

 

できれば、できればですよ。

排卵の予定日の前日から2日後まで、毎日行う事が望ましいでしょう。

 

精子が新鮮なほど、妊娠しやすくなりますので、回数を増やす事により、
その確率をさらに上げられる事になります。

 

排卵日にタイミングを合わせて、子作りに励んだとしても妊娠できる人は実は2割と少ないのです。

 

理由は様々ありますが、卵子と精子が受精できても、そこから妊娠に至らない事が多いということです。

 

その原因として、精子が膣内に入ってから時間が経ち、老化してしまっているという事が原因の場合が多く見られます。

 

子供を授かるということは、実はそれだけ難しいことで、奇跡的な事なんです。

 

たくさんの人の中から出会った2人が、お互いを思い合い、その証が子供として生まれてきます。
とても素晴らしいことですよね。

 

ですが、子供がどうしてもほしいからといって、
体調が悪かったり生活リズムが乱れているのに、無理に回数だけ増やしても意味がありません。

 

お互いの体調や気持ちなどを想いやり、気持ちを楽にすれば、きっとかわいい子供が授かる事でしょう。