女の子を産み分けるにはどうしたらいいの?

子作りで、女の子を産む方法というのはあるのでしょうか。

 

自分と愛する人の子供。

 

男の子、女の子、どちらが産まれてもとっても幸せな事なのですが、やっぱり子作り計画のうえではどちらが欲しいなという希望もありますよね。

 

昔は、男女を決めるのは卵子のほうだと思われていましたが、実は精子の種類で男女が決まることがわかっているのです。

 

男性の精子には、23対の染色体があり、それらが髪の色や肌の色、その他の特徴を決めます。
その中でも、23組目の染色体が男女を決めるのです。

 

女の子になるX-Xの組み合わせを持つX精子と、男の子になるX-Yの組み合わせのY精子があります。
Y精子の寿命が24時間しかないのに比べ、X精子は2、3日生き延びるので、子作りする際に排卵日の2、3日前に性行為をし、その後排卵するまでは何もしないのが効果的です。

 

精子の濃度にも関係があります。

女の子が欲しい場合、前回の生理が終わってから、排卵日前の子作り予定日の前までに、2、3回性行為をして、精子を薄めておくのも良いと言われています。

 

また、なるべく浅い場所で射精するようにすると、卵子までの距離が長くなるので、寿命の長いX精子が受精する可能性が高くなります。

 

女性の膣内は、普段は酸性になっているのですが、排卵日の前や性行為中に何度も気持ち良くなると、アルカリ性に近づきます。

 

X精子は酸性に強いのですがアルカリ性に弱いので、

女の子が欲しい場合はなるべくアッサリとした性行為を心がけるといいでしょう。

浅い場所で、あっさりと。
なんだかちょっと寂しい感じがしますが、子作りをする上でタイミングだけではなく、このような努力も大切なのです。
このようなタイミングや仕方も大事ですが、一番大事なのは、夫婦の協力です。

 

お互いの体調なども考慮して単に子作りのためだけの性行為にならず、心から愛し合った上で産まれてくる子供は、男女どちらでもかわいいですよね。
あまりこだわり過ぎて、夫婦仲が悪くなってしまったら本末転倒ですよね。

 

産み分ける方法は軽く頭の中にいれておくようにして、気を楽にし自然に任せるのが一番良いかもしれません。

 

 

実は女の子産み分けアドバイザー大石幸子さんが女の子産み分け方法を公開しています。
上記に書いた記事はなんとなく理論的な感じがしますが、大石幸子さんの産み分け方法は実際に経験していることなので確かだと思います。

 

大石さんの方法で無事女の子を出産した人もたくさんいますからね♪
たった1日5分●●をするだけです。

 

>>産み分け方法の詳細を見てみる