不妊症の原因をまずは取り除くことから始めましょう!

不妊症とは子供を望み、
健全な夫婦生活を送っているのに2年以上妊娠に恵まれない状態をいいます。

 

もちろん、この2年間には計画的に避妊をしていたり、性生活自体がない期間は除外されます。

 

現在では不妊症に悩んでいるカップルは、10組中1組いるといわれており、昔に比べて増えてきているようです。

 

不妊症の原因としては女性側にあるもの、男性側にあるものなど、さまざまな要因が考えられ一概には言えません。

 

不妊症というと女性側に原因があると思われがちですが、
実際は男性側にある場合も40%程度の割合で関与しているというデータもあります。

 

子供がなかなか授からない場合は、夫婦そろって一度検査をしてみたほうが良いでしょう。

 

男性の不妊症検査って・・・

 

男性の検査は精液検査と泌尿器科検査をおこないます。

 

男性の不妊の原因としては精子の数が少ない、奇形、運動能力の低下などがあげられます。
男性側が引き金となる不妊の要因はダイオキシンや生活環境の変化、ストレスなどにより引き起こされていると言われています。

 

女性の不妊症検査は?

 

女性の検査は、複数回にわたり様々な項目を検査しなければなりません。
心身ともに大変で疲れてしまう方もいます。

 

不安だと思いますが趣味や好きなことで気分転換をして、ストレスを解消していきましょう。

 

女性側としては様々で、1つの場合もあれば、複数の要因が複雑に合わさっている場合もあります。

 

例えば

  • 頚管に異常がある場合
  • 子宮筋腫や奇形など子宮自体に問題がある場合
  • 月経が不安定で正常に排卵されていない黄体機能不全
  • 排卵障害
  • 子宮内膜症や感染症などの病気

も不妊の要因となります。

 

これらの要因があると精子が卵子と出会うことができず、また正常な着床をすることができなくなるなどして妊娠が困難になります。

 

女性側の問題は、はっきりしない場合も多いですが、不妊治療についての研究も日々進化してきています。

 

まずは不妊症の原因を明らかにして治療に取り組むことが大切です。