二人目は出来にくいといいますが、本当でしょうか?

 

「1人目は普通に妊娠して元気に出産したのに、その後2人目がなかなかできない」という「二人目不妊症」に悩むお母さんが増えているそうです。

 

自然妊娠しているんだから2人目もすぐに出来るだろうと思ってたのに、なかなか授からなくて焦っていらっしゃる状態です。

 

近年、男性も女性も晩婚化が進んで、1人目を妊娠するのが20代後半なんて人も多いのではないでしょうか?

 

初めて生まれたわが子のお世話に夢中になって、2人目が欲しい頃には30歳を過ぎていた・・・という女性も多いと思います。

 

女性の体は年々変化していきます。
特に35歳を過ぎる頃から、加齢と共に自然と妊娠しにくい体になっていくものです。

 

ホルモンのバランスが崩れやすくなり、同時に卵子の状態も低下してきます。

 

家庭では、まだ幼い子供の世話にも追われて、子育ては楽しいけれど同時にストレスも抱えているはずです。

 

昔、自然妊娠した頃の状態とは明らかに違う環境にいるはずです。

 

一方、男性のほうもこの年代に差し掛かると、社会的責任が重くなり仕事に追われ、ストレスを半端なく受けて疲弊してきます。
ストレスを受けると精子の量、質、運動量が低下します。

 

ご夫婦そろってそのような状態ですので、1人目の時より出来にくくなるのは当然といえば当然です。

 

現に、二人目不妊症で病院を訪れた方を診察しても、特に不妊につながるような検査結果は見つからないことが多いそうです。
そして仮に不妊症治療を開始しても、すぐには妊娠しない方が多いそうです。

 

もちろん、35歳を過ぎたからといって、もうできないということはなく40代後半に差し掛かっても妊娠される方はいるのですから希望を捨てないようにして頂きたいのですが、
どうすれば二人目を妊娠するのでしょう?

 

そこが大問題です。

 

結局はやはり「今の状態を改善する」ということに尽きるのかなと思います。

 

卵子や精子の質の低下は加齢によるものでどうしようもないですが、妊娠しやすい体はまだまだ取り戻せます。
できるだけ疲れないようにストレスをためないようにしながら、ホルモンバランスを正常に近づけていく、ということです。

 

子宮や精巣などの生殖機能に問題がなければ、
あとは栄養の偏りやホルモンバランスの問題が大きいそうです。

 

「二人目不妊症」に悩んでらっしゃる方は毎日の生活習慣から見直してみましょう。

 

それからご夫婦仲も見直しましょうね。
どんなに妊娠したくても交渉が少なければ確率は低くなりますよ。