ホルモン療法やタイミング治療は保険適用なるの?

 

約10組に1組の割合で不妊症に悩んでいるご夫婦が多い中、不妊治療は一部保険適用にならないものがあります。

 

「不妊治療はお金がかかる」というイメージは、保険が利かないために実費になってしまうためであって、実際、数百万円の負担がかかるため、不妊症で悩んでいてもなかなか治療に踏み出せない方も多いのです。

 

ただ、イメージが先行して少し誤解も生まれているのかな?と思います。
不妊治療はすべてが保険適用外ではありません。

 

まず「不妊症かも・・・」と悩んだら病院に検査を受けに行きますね?
その一連の検査は基本的には保険の適用になります。

 

ただし、保険を適用にするかどうかは病院によって違いますので、事前に確認してから来院するほうがいいでしょう。
また、一部の検査では一定の回数を超えると保険の適用外になるケースもあります。

 

検査を受けて、臓器等に異常がなかった場合は、次にタイミング療法という治療に入ります。
これは適用内です。

 

風邪などのありふれた病気で病院に行く程度の費用で済みます。
が、1回で終わりではないので、まとまるとそれなりの金額になります。

 

次にホルモン療法です。
タイミング療法と同時に実施される場合もありますが、これも適用内で、1回数千円〜高くても2万円くらいです。
病院によって値段設定が違うんですね。

 

検査を経て、タイミング(ホルモン)療法で妊娠しなかった場合、次の高度医療の段階に入るのですが、ここから先の不妊症治療はすべて保険適用外です。

 

人工授精(1回2万円前後)、体外受精(25万円前後)、顕微授精(35万円前後)。

 

1度で成功する確率は少ないですから、数回繰り返さないといけないことを考えると、タイミングやホルモン療法までで治療を断念する方もいらっしゃるのはうなずけます。

 

医療保険って疾患に対して適用になるものという定義があるらしいんです。

 

なので、検査で例えば子宮内膜症などが見つかったとすれば、それは保険適用になって治療できますが、普通の体の状態で妊娠しないだけでは、それは疾患とはいえないという考え方みたいです。

 

それでも検査や初期治療には保険が適用になる流れができているのですから、高度医療もあと少し待てば・・・という期待は持てるのですが、う〜ん。

 

国のやることは何でも遅くてイライラしますよね。