不妊症と年齢の関係ってやはりあるのでしょうか?

 

 

現在の女性は年齢に比べて、見た目も体もお若い方が増えていますが、実は妊娠の適齢期は昔とあまり変わっていないという事実があります。

 

妊娠のメカニズムは原始的なもので、太古の昔にこのメカニズムが確立してからほとんど変わらないという話もあります。

 

いくら健康や美容に気をつけていても、卵子の老化は防ぎようがなく、35歳を過ぎたあたりから、年々妊娠しにくい体になっていきます。

 

悲しい話ですが、これが自然のメカニズムなんですね。


女性として生まれた赤ちゃんの卵巣には約30万個の卵子が眠っています。
排卵は思春期に差し掛かる直前から始まります。

 

排卵が始まり妊娠可能な体になった合図が初潮ですよね。

 

そこから毎月毎月排卵があり、年齢と共に卵子も老化しながら、不要だったものが生理となり流れ落ちることを繰り返しますが、その間、卵子は新しく製造されることはありません。
生まれ持った卵子の数がすべてです。

 

そして50歳頃にはその卵子の数は0個になるわけですね。

 

このサイクルの中で、卵子が一番成熟してくるのが20代です。
妊娠しやすい卵子は新しすぎてもダメだし、老化を重ねても良くないわけです。

 

ちょうど20代〜30代前半の頃の卵子がいちばん充実しているんですね。

 

しかし時々「45歳で初産!」なんて芸能人がいてワイドショーを賑わしたり、女性の社会進出で結婚自体が遅くなったり、結婚してもしばらくは仕事を!ということで、妊娠を後回しにする女性も本当に多いですよね。

 

で、40代目前になってハッと気付いて子作りしても、1年2年なかなかできなくて、そして不妊症ということで悩んでらっしゃる方が多いわけですよね。

 

妊娠適齢期があるということを学校で教えたほうがいいと思いますね。
たぶん、こういうことを知らずにいつの間にか不妊症になってる方も多いと思うんです。

 

そして社会では、男性とは違うビジネスキャリアプランを作ったほうがいいと思います。

 

・・・とは言ってもなかなか社会は動いてくれないので、ご自分でしっかり卵子年齢のことや不妊症のことを認識しながら、ビジネスプランを考えるほうが現実的で確実なのかなと思います。

 

しかし35歳を過ぎているとしてもまだ諦めないでください。

 

今話してきた年齢のことは、すべて大きな統計上の話です。
実際には個人差があって、中には40才を超えても妊娠しやすい方はいます。

 

30代のお若い体なら、少しの生活改善で不妊症解消はまだまだ充分に見込めますよ。