アロマは不妊症に効果あるのか?

「忙しすぎて・・・」「なんとなくする気になれない・・・」「そもそも性欲がない」という男性もいれば、「性欲はあるし、何度もトライしているけど、なかなか子どもができなくて」という男性もいます。
 もちろん女性が不妊症の場合もありますが、男性自身もストレスを感じたり、環境が変化したことなどにより、男性不妊が増えてきているのも事実です。
 近年は男女同時に不妊治療を始めるカップルが増えています。西洋医学でのタイミング療法や薬物療法、人工授精などに併せて、中医学での周期療法を組み合わせた「中西医結合」という発想で治療を進めていくことで、良い結果が出てきています。また、漢方やアロマは、精神的なストレスと肉体的なストレス両方を緩和することができるので、忙しい男性も普段から、手軽に取り入れることができる方法です。日経ウーマンオンラインより抜粋

 

最初、不妊症にアロマが効果的なの?と思ったのですが、とても注目を浴びているようです。
あなたも「香りでどんな効果があるの?」と半信半疑だと思います。

 

しかし鼻から入る香りでリラックスするだけではなく、アロマは皮膚や肺を通して血管に浸透して体を巡るというのを聞くと、「おや?」と興味を持たれることと思います。

 

香りはまず鼻に入り、嗅覚を刺激します。

 

嗅覚は人間の本能の中で一番原始的で感情と結びついていると言われていて、だから好きな香りにはすぐに反応してリラックスできたり、人それぞれ元気の出る香りがあったり、嫌いな臭いには思わず顔をゆがめて気持ちをあらわにしてしまうんですね。

 

そして本能的に落ち着く匂いに出会うと、本当に自律神経に影響を与えてホルモンバランスを整える働きがあるんです。

 

ホルモンバランスが整うと妊娠しやすくなるのはもうご存知ですね。

 

香りを楽しんでいる間にも、多少の成分は体内に取り込まれています。
体の中では代謝を助けたり、心身のバランスを整えたり、免疫も強化してくれる香りがあります。

 

意外と不妊症に効果ありそうなアロマ。
試してみる価値はありそうです。

 

どんな香りのアロマが効果あるの?

ちなみに不妊症に効くと言われている香りは、ローズ、サイプレス、ジャスミン、カモミール、クラリセージなどが有名です。

 

しかし上記の良いとされている香りも、妊娠の初期や中期では禁忌とされるものが多くあります。

 

上記の香りはホルモンバランスを整え妊娠しやすくする作用が強いので、
妊娠がわかり不妊症が解消されたら、すぐに使うのを止めたほうがいいでしょう。

 

それと忘れてはいけないことは本能で好きだと感じる香りを選ぶこと。

そうしないと得られる効果が半減してしまうので注意です。
アロマオイルのお値段ですが一瓶100円〜1000円以上と幅がありますが、植物から抽出した本物のオイルは当然高いです。

 

100円で手に入るものはオイルではなく香料を使ってます。
本当の効果を得たいなら少々高くても本物を買いましょう。

 

くれぐれも注意ですが、自宅では香りを楽しむだけにしてくださいね。

 

勝手に皮膚に塗らないようにしましょう。
肌に塗っていいのは、それ専用のオイルだけです。
原液を塗ると肌がかぶれたり、アレルギーを起こしたりすることがあります。

 

流行ってて気になるアロマテラピーですが、しっかりとお店の専門家に確認してから不妊症改善に使うほうが安心だし、効果もより高くなりますよ。

 

アロマ商品オンラインショップ



私もよく利用するアロマのオンラインショップです。
とにかく香りの種類も多く、アロマディフューザーなどの器具やリラックスできるバスグッズも近所の専門店舗に置いていない商品がたくさんあってリピしています。

 

>>アロマの種類を見てみる

 

 

 

 

パートナーに原因はないのでしょうか?